新都社 週刊ヤングVIP

魔女試験・劇場版

『新・アリと魔女試験』(第69試験)
その壱
その弐
その参

第70試験(マスコット編)
その1(マスコット登場編)
 
※『魔女試験』とは?
 新都社の奇才、杉本アトランティス先生の伝説的作品。髪の毛で会話するクロエが、死体のステッキ・ボンヌイと一緒に魔女を目指していく。
 その過程でロリコン帝国などと戦うが、最終的に魔法より腹パンとかプロレス技の方が強く、読者は「魔法とは何なのか?」、「ステッキとは
何か?」、「僕のステッキは最近元気がないな・・・」などと自問自答していくことになる。
 また、ロリコン帝国も、結局はロリコンでもなんでもない筋肉バカの宮田が最強なので、結局は筋肉バカと物理魔道士が拳で殴り合うのが
主な展開となっている。そういう内容が全体のおよそ半分くらいを占めている。
 また、キャラのファッションが毎回変化しており、そういうファッション的なこだわりも見ていて楽しい作品である。キャラの目も、どれも
特徴的に描かれており、自分の描いたアリがどんだけ手抜きか思い知らされて悲しい気分になったりした。
 だが、シュールさだけの作品ではない。第一試験などに見られるように「恋」や「愛」がテーマとして何となく散りばめられている。
 かと思えば、最終試験や第5試験では卑猥なネタが散りばめられており、やはりシュール。エロと卑猥の違いが、これを読めば分かると思う。
子供の教科書に最適ではないだろうか。
 全編に渡って作者の想像力の限りが注ぎ込まれており、世界観に浸っているだけで楽しい作品である。
 知らない人は、一度読んでみることをお勧めする。特に第四試験が個人的に好き。やっぱりキ〇ガイは怖いよね。
 
新都社 作者コメント:次はウンコ編
ブッコロ大魔王先生に励ましのお便りを送ろう!!
inserted by FC2 system